FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
やらないか
06_02_17_01.jpg
ウホ、いい男!
スポンサーサイト
【2006/02/17 21:22】 RO | トラックバック(0) | コメント(2) |
念願のスタンド能力をてにいれたぞ!!
なんとか熱下がって、
まともに活動できるようになりました。
それでも微熱程度はありますが。(37度)

昨日の12時ぐらいがピークで、
その時寝てたんですけど、
あまりに熱すぎて目が覚めてしまいました。

寝る前に測ったら39度あって、
それより遥かに熱かったから、
40度ぐらいあったんじゃないですかね。

いやー
なんていうか、
細胞が死滅して行くような錯覚に陥りましたね。

昨日、病院に行ったのは正解でした。
ただの風邪だと思って
パブロンを飲むだけで済ませていたら……
ガクガク((;゚д゚))ブルブル
【2006/02/09 09:36】 日常生活的なもの | トラックバック(0) | コメント(3) |
渾身无力
風邪ひいたようです(-ω-)
熱があり、喉がコソコソします。
普段の不摂生が祟ったのかなぁ(´・ω・`)

明後日、また面接があるので、
それまでに治って欲しいところです。
インフルエンザじゃないっぽいので、
多分大丈夫だと思いますが。


先ほど病院に行ってきました。
どう見ても、ホンコンA型(インフルエンザ)です。
本当にありがとうございました。
【2006/02/08 14:32】 日常生活的なもの | トラックバック(0) | コメント(0) |
豁然大悟致しました
なんかおれ…
きのうまでは
内定さえ取れればいいと
考えて生きてきた……
でも
今 メラメラと…
わきのぼってくる
この気持ちは…



はい。
というわけで、最近就活に勤しんでいる都庁です。
今日は結構真面目な内容なんで、一人語りで行きます。

僕は周りの友人たちの中では、
比較的早い段階から就職活動を行っていたようで、
2月中には、エントリーしたほとんどの企業において、
説明会や一次(あるいは二次・三次)選考が終わります。
――これは身内での話であって、普通の学生はこんなもんだと思いますが。

まぁともかく。
自分としては、結構きちんと就職活動できてるなーと思っていました。

今日までは。

適当にエントリー数だけ増やして、
説明会に参加するだけ参加して、
筆記試験も受けるだけ受けて、
ホームページや、冊子を見て業界研究した気になって、
面接でもそれらしいことを答えて、
手に職がつければそれでいい、と思っていました。

今日までは。

でも
そんな気持ちで入った企業で働いて、長続きするわけがないのです。
こんなこと、今まで色々な場面で散々言われてきたのに、
今までは、どこか他人事で聞き流していました。
「自分ならどんな企業に入ってもやっていける」
と高をくくっていたのかもしれません。

今日、ある会社の説明会を受けてきました。
東証一部にも上場していて、
有名な会社と取引をして、
売上・利益率も成長を続けている、
普通に見れば、会社の規模・待遇としては十分でしょう。
事業内容も、僕が興味あった分野でした。
――だからこそ会社説明会に参加したわけですが
しかし
受付をする際に、
「あなたは○○番です」
と整理番号を言い渡されました。
別にどうってことないことのように思います。
ですが、この時僕は妙に”厭な気分”がしたのです。
説明会の会場に案内され、
受付で渡されたアンケート用紙の
”ある設問”の回答を記入しているときに、
この”厭な気分”の正体が分かりました。
その設問とは
「あなたが企業を選ぶポイントは何ですか」
というものです。
ごく普通の質問です。
僕は当然、自分が企業選択で重視するポイントを記入します。
「社員の個性を尊重し、社員を公平に評価してくれる」
これを文章として書いたときに、はっと気づきました。

「そうか…
 彼らは、僕のことを
 ”スティンガー都庁”としてではなく
 ”○○番の学生”として見ているんだ……」

もちろん、企業側にそのような意図があったとは限りません。
しかし、どうにも僕には、このように思えて仕様がなかったのです。
本当は、説明会の後に筆記試験を受けるつもりでしたが、
説明会が終了するとすぐに、その場を去っていました。

それと同時に、”ある企業”のことが頭に浮かびました。
僕が説明会に参加した企業の中で、ただ一社、
番号ではなく、僕の名前が書かれたネームプレートを渡してくれた
企業のことを…。

元からその企業は、第一志望でした。
周ってきた企業の中で、一番雰囲気が良かったから、
という安直な理由で第一志望にしていたんだと思います。
しかし、今は”本当の意味で”第一志望の企業となりました。
「僕をスティンガー都庁として見てくれる、
 彼らと、本当に一緒に働きたい」
と思っています。

まぁつまるところ、何が言いたいのかというと、
「自分なりに譲れないポイントを持ち続け、
 HPなどの言葉ではなく、
 実際に社員の方の言葉を聞いて、
 自分の直感を信じて企業を選びましょう」
ってことですかね。

ホント、今更なんですけどね(-ω-)
【2006/02/07 22:04】 日常生活的なもの | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。